Episode.02 お父様との絆を深めお母様との絆を繋いだ感動の結婚式

scroll

「ありがとう」の気持ちを伝えるサプライズ演出

職場恋愛を実らせたお二人は、はきはきとしたご新婦様とシャイなご新郎様のカップル。
ご結婚式当日に、ご新婦様のお父様がお誕生日を迎えられるため、サプライズ演出をご希望でした。
そこで、バースデーケーキとバースデーソングのご提案をすると、ふたつ返事でうなずいてくださいました。
そんな中、お式の前々日になって、突然ご新婦様のお父様からお電話をいただきました。
ご新婦様に内緒で手紙を書いたので、式の当日、
誰かに読んでもらってほしいと照れくさそうにおっしゃったのです。
お互いに「ありがとう」の気持ちをサプライズで伝えようとされているところが
よく似ていらっしゃるなと、微笑ましく思えました。

お父様からのサプライズで深まる絆

お式当日、突然のサプライズに最初は驚いていらっしゃったお父様が、
ケーキを目にした途端、笑顔になられました。
実は、お父様の愛車がハーレーだと聞き、ケーキにはマジパンで作ったハーレーが飾られていたのです。
その後司会者が「ご新婦様にもある方からお手紙をお預かりしています」とお手紙を読み始めました。
しばらくして、お父様からのお手紙だということに気がつかれたご新婦様の目から涙がこぼれ落ちました。

来賓席に列席されていたお母様の想い

一方、お式には、事情があり離れて暮らしているご新婦様のお母様もご来賓として出席されていました。
お母様は、ご来賓というお立場上、ご親族様との写真撮影にもいらっしゃいませんでした。
それだけでなく、ご新婦様に決して近寄らず、ただひっそりと見守るというご姿勢を
貫いているご様子がとても気になり、なんとかしてさしあげたいなという想いがだんだん強くなっていきました。

スタッフの連携が叶えた、お母様との大切な時間

その時、ひとりのスタッフが、ウエディングドレス姿のご新婦様とお母様の写真を一緒に撮って
さし上げようと言いだし、スタッフみんなが動き出したのです。
お二人のご了承を得て、ご新婦様のメイクとスタイリングを素早く仕上げ、
お母様とご新婦様をこっそり別の場所へ誘導、式の進行を微調整し、
連携してお二人だけのお時間を作り出しました。
ご新婦様のドレス姿を真近に見られたお母様は涙を流され、ご新婦様ももらい泣きをされていました。
お式の前に、ご新婦様のご事情をスタッフと共有していたからこそ、スムーズな連携が取れたのだと思います。
これからも、この仲間たちとならば、必ず素敵なお式をつくりあげることができる、そう確信しました。

ウエディングプランナー

このエピソードに関わったスタッフたち

ラグナヴェール大阪 ウエディングプランナー
ウエディングプランナー

おふたりにとって初めての会場見学。大人な雰囲気で少しシャイなご新郎様とおしとやかで落ち着いた雰囲気のご新婦様。結婚式に対してこだわりたいポイントをお伺いしましたが、「特にありません」との事でしたので、まずはおふたりと何でも話せる関係になろうと結婚式に関係のない事もたくさんお話させて頂きました。お話する中で、感謝の気持ちを伝えたい方とこんな雰囲気の中で披露宴がしたいと伺うことができ、それを形にできるのはラグナヴェール大阪のスタッフしかいないと自信を持ってお伝えする事ができました。当日の様子からスタッフとおふたり、そしてゲストの皆様が繋がって素敵な結婚式になったのだと実感しました。

Back to top

page top